試合に勝つ方法

やっぱり試合をする以上、勝ちたくなってしまうのが人情というものですよね。
その勝ちたいという気持ちこそが、テニス上達の原動力です。

 

ここでは今まで説明して来たことのステップアップとして、
より具体的にテニスの試合の仕方、
勝つ方法について解説していきます。

 

是非この試合に勝つ方法をマスターして上級者の仲間入りを果たしてください!

 

試合に勝つ方法記事一覧

テニスの試合においてゲームを有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか。自分のペースで試合を運ぶことが大切だということは既に述べましたが、ここではより具体的な試合を有利に進めるコツについて説明していきます。自分のペースを作ろうまず、試合前から自分のペースを整えることを考えましょう。食事ひとつは食事です。テニスは見かけよりも激しいスポーツであるため、食事は消化吸収が早くてエネルギーになるものが望まし...

テニスの試合に勝つには、ミスを減らすのが一番です。では、試合中のミスを減らすために、自分のペースを作る以外の方法にはどんなものがあるでしょうか。それは「上手い人のテニスを学ぶ」ということです。ペースの取り方・保ち方はもちろん、ショットの打ち方についても、多くのことが学べるはずです。練習・試合から学ぶ初心者のうちは、上級者の練習や試合を観察することで、ラケットの持ち方やサーブの打ち方などを見るだけで...

ポジショニングを意識する大切さは既に説明していますが、ここではより具体的に試合中の動きを見ていきましょう。ポジショニングの効果サーブを打つとプレイヤーはすばやくコートのセンターに走り寄ります。これは相手のリターンが左右どちらに来てもすばやく対応するためですね。では、バックハンド(利き手とは反対)側に来たボールを追って返球した時、リターンがコートの反対側の奥に打たれてしまった場合はどうなるでしょうか...

ラケットを持ってコートで練習することだけが、テニス上達の方法ではありません。ポジショニングで必要とされるのはフットワーク=足腰の強さですし、試合中コートを縦横無尽に駆け回られるかどうかはプレイヤーの体力次第です。ここでは、テニスが上達するための練習方法を幾つか紹介しましょう。イメージトレーニング普段からもっとも気楽に出来る練習はイメージトレーニングです。いつも練習がしたい時にラケットを持ってコート...

人間は誰にでも得手不得手があります。それはテニスをする時でも同様でどれだけ練習を重ねても、どうしても苦手意識の拭えないプレーやショットができてしまうかもしれません。弱点克服で全力を出せる例えば、ボレーが苦手ならストローク重視の試合運びをすることで、極力試合中のボレー回数を少なくすることも出来るでしょう。また、バックハンドが苦手なら、フットワークにものを言わせて常にフォアハンドで返球を行うという方法...

テニスをするにあたって、一番の問題になるのは練習場所です。家の近くにテニスコートがある、という人は珍しいと思います。また、例え近所にレンタル可能なテニスコートがあったとしても、練習は二人以上で行ったほうが効率的ですから、一人ではコートを十分に使うことはできません。テニススクールとは?そんな時に初心者のみなさんの力になってくれるのがテニススクールです。まず、テニススクールがどういう場所かを説明したい...

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。