スポンサードリンク

ゲームを有利に進めるには

テニス ゲーム

 

テニスの試合においてゲームを有利に進めるにはどうすればいいのでしょうか。
自分のペースで試合を運ぶことが大切だということは既に述べましたが、
ここではより具体的な試合を有利に進めるコツについて説明していきます。

 

 

自分のペースを作ろう

まず、試合前から自分のペースを整えることを考えましょう。

 

食事

ひとつは食事です。
テニスは見かけよりも激しいスポーツであるため、
食事は消化吸収が早くてエネルギーになるものが望ましいです。

 

テニス 試合

 

おすすめは炭水化物ですね。
プロのプレイヤーは良くパスタを食べているそうです。

 

試合中にも、チョコレートやバナナで糖分補給を行うと同時に水分も補給し、
少しでも疲労しにくい環境を作ることが望ましいです。
もちろん、寝不足や体調不良などにも気をつけてください。

 

行動

試合中に自分のペースを作る方法としては、
毎回決まった行動をする、というものがあります。

 

これはサーブ前にボールを二回手で地面にバウンドさせてみたり、
コート交代のときに毎回必ず水分補給を行うといった行為のことです。
野球のイチロー選手もバッターボックス内で独特の動きをしますよね。
あれは彼なりのペースを作る方法なんです。

 

 

ボール運びのコツ

次は、試合中のボール運びに関してのアドバイスです。

 

相手の弱点を探る

緩急をつけたプレーが大切であるということは既に説明しましたが、
その他にも相手の苦手なスピードを見抜くという戦術もあります。

 

テニス 試合

相手がリターンに失敗したコースや球種を覚えておいて、
そこを中心に攻めるという方法です。
相手がスピン系のボールでミスしやすいと感じれば、
スピン系のボールをここぞという時に使うのは非常に効果的です。

 

また、相手をよく観察して
サーブを打ち分ける癖などを見つけられれば、
試合運びがぐっと楽になる場合もあります。

 

自分の弱点をカバーする

逆に言ってみれば、相手から自分の苦手なコースや球種で責められないように、
自分の弱点も上手く隠すことも試合を有利に進めるコツのひとつです。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。