スポンサードリンク

ポジショニングを常に意識しよう

テニス ポジション

 

ポジショニングを意識する大切さは既に説明していますが、
ここではより具体的に試合中の動きを見ていきましょう。

 

 

ポジショニングの効果

サーブを打つとプレイヤーはすばやくコートのセンターに走り寄ります。
これは相手のリターンが左右どちらに来てもすばやく対応するためですね。

 

では、バックハンド(利き手とは反対)側に来たボールを追って返球した時、
リターンがコートの反対側の奥に打たれてしまった場合はどうなるでしょうか。

 

コートの説明にも書きましたが、プレイヤーは最初に構えていた場所から
コートの中央からバックハンド側に約4m、
バックハンド側からフォアハンド側に約8mで、
合計約12mも走らなければいけなくなります。

 

テニス ポジション

 

ラリーごとにこんなに走らされていたのでは、
体力はすぐになくなってしまいますよね。

 

逆に言ってみれば、自分が常にベストなポジショニングを行い、
狙ったとおりの場所にリターンをすることができたなら、
相手をそのくらい走らせることができるということになります。

 

 

有利なポジショニングとは

また、フォアハンドとバックハンドのどちらが得意かによって、
ポジショニングを変えるという戦術もあります。

 

テニス ポジション

例えばあなたはフォアハンドショットが得意だと仮定しましょう。
この時、わざといつも構える位置を
バックハンド側に少しずらしておきます。

 

相手側から見れば、あなたのコートは
フォアハンド側のスペースが広くなり、
心理的にどうしてもそちらを狙いやすくなってしまうのです。
自分の得意なショットを打つためのポジショニングです。

 

この様にポジショニングひとつで試合の流れが大きく変わることは、
プロの試合でも良くあります。

 

自分の動き方ひとつが、すでに相手との駆け引きになっているのです。
ポジショニングを常に意識し、実践できるように、
是非フットワークを鍛えるトレーニングを欠かさないようにしましょう。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。