スポンサードリンク

ショットの種類と打ち方

テニス ショット

 

次はテニスにおけるボールの打ち方の種類について説明していきます。
まず、大きく分けて次の四つの打ち方があります。

 

  • ストローク
  • ボレー
  • スマッシュ
  • サービス

 

 

四つの打ち方

ストローク

「ストローク」とは自分のコート内に来たワンバウンドボールを
ラケットをスイングさせることで打つことを言います。
これが一番頻度の高い打ち方で、「ストローク」によって
自分のコートと相手コートとをボールが行き来することを「ラリー」と言います。

 

テニス ショット

 

イメージとしては、ボールをビンタするというのが一番近いかもしれません。
しっかりとラケットを横から振り抜くことでボールを打ち返しましょう。

 

ボレー

「ボレー」とは、自分のコート内に来たボールをノーバウンドで打つことです。
ノーバウンドで打つため、必然的に使うのはネット付近にいる場合になります。
この場合、ラケットは「ストローク」程スイングさせることはありません。

 

テニス ショット

 

スマッシュ

「スマッシュ」とは自分のコート内に来たボールを、
ラケットを上から下に振りぬくことで相手コートに返す打ち方のことです。

 

「スマッシュ」の場合、ワンバウンドかノーバウンドかは関係ありません。
これはバレーボールを想像してもらえれば分かりやすいかと思います。
バレーボールとの違いはワンバウンドしていても良いという点ですね。

 

サービス

テニス ショット

「サービス」は、ゲームにおいて、
ポイントの開始時に自分でボールを投げ、

それを打って相手側のサービスコートに入れる打ち方です。

 

スマッシュ同様、バレーボールでも
同じように使われる言葉なので、
ご存知の方も多いでしょう。
また、打たれたショットは「サーブ」とも呼ばれます。

 

 

フォアハンドとバックハンド

また「ストローク」と「ボレー」には、
「フォアハンド」と「バックハンド」と呼ばれる二種類の打ち方が存在します。
これは、以下のように覚えてください。

 

フォアハンド 自分の利き手側にきたボールに対する打ち方
バックハンド 自分の利き手とは反対方向にきたボールに対する打ち方

 

「スマッシュ」や「サービス」については、常に利き手側で打つことが出来るため、
「フォアハンド」や「バックハンド」という概念はありません。

 

 

以上がテニスにおけるショットの種類です。
ちょっと多く感じるかもしれませんが、
実際に打ってみれば自然と身につくものですので、
心配は要らないでしょう。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。