スポンサードリンク

二人練習〜ボレー編

テニス ボレー

 

二人でコートにおいてボレーの練習をするときは、
サービスコート内に立って
ボールを地面につかないようにボレーしあうのが一般的です。
テニス用語では、「ボレーボレー」と呼ばれます。

 

ボレーの際のラケットの持ち方や、
打ち方のコツは以前に紹介した通りです。
ここでは、もう少し具体的にボレーの打ち方について説明します。

 

 

練習のコツ

ボレーを打つコツをまとめると、

 

  • 「ラケットを後ろに引かないでそのまま当てにいく」
  • 「ラケットを振らない」
  • 「顔をラケットに近づけてボールを良く見る」

 

の三点です。

 

この三点さえきっちり意識できれば、
嫌でもボレーは上達することになります。

 

最初のうちは、飛んでくるボールに対して顔を近づけることは
少々怖いかもしれませんが、
ボレーボレーで相手とゆっくり打ち合えば
次第に体は慣れるので大丈夫です。

 

 

打ち方のポイント

ボールの力で跳ね返す

テニス ボレー

また、初心者のうちはラケットを振らないとボールは飛ばない、
という風に考え、強く打ってしまいがちですが、
実際は飛んできた力を利用して跳ね返すため、
ラケットの振りはほとんど必要ありません。

 

逆に大きく振ろうとすると、タイミングが外れたり、
あらぬ方向に飛んでいったりしてしまいます。
ボレーは飛んできたボールをラケットでキャッチしに行く、
くらいの感覚で練習するのが一番良いでしょう。

 

左右の打ち分け

ボレーを左右に打ち分けるには、
ちょっとラケットの面の角度を変えるだけで十分です。
相手とボレーボレーをする場合には、
右左右左と意識して打ち分ける練習もしてみてください。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。