スポンサードリンク

ボールの動きを良く見よう

テニス ボール

 

さて、サーブにストローク、そしてボレーについて、
大体の打ち方は理解してもらえたと思います。

 

でも、頭で理解することと、
実際に体を動かすことの間には大きな違いがあります。
特に皆さんがテニスを始めて日の浅いうちは、
ちゃんとラケットを振っているはずなのに、
ボールが意図しない方向に飛んでいってしまうことも多いでしょう。

 

 

ボールが見えていない?

その原因は、ずばり、ボールが見えていないからなんです。
ボールが見えていない、というのはどういうことかというと、
「ラケットに当たる瞬間にボールから目を離してしまっている」
ということです。

 

失敗したショットを思い出してみてください。
打ちたい方向を見て打っていませんでしたか?
相手の動きに気をとられていませんでしたか?
こう聞かれると、心当たりがある方も多いのではないでしょうか。

 

テニス ボール

 

実はテニスにおいて打球を一番安定させる方法は、
ボールがラケットを離れる瞬間までボールを見続けることなのです。

 

しっかりとボールを見さえすれば、
ラケットの中心でボールを捕らえることが出来ます。
その結果、ボールはあなたの飛ばしたい方向に飛ぶでしょう。

 

サーブの場合

これはストロークやボレー以外にも、サーブを打つときでも同様です。
サーブを打つときはラケットより先に顔が前を向いてしまいがちですが、
大事なのはラケットがボールを打つ瞬間まで、
顔はしっかり上を向いたままでいることなんです。

 

なので、最初のうちは相手の動きや打ちたい方向ではなく、
ボールの動きを見ることに一番注意を払うようにしてください。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。