スポンサードリンク

点と線の考え方

テニス イメージ

 

テニスを上達するコツの一つに、
動きを点と線で考えるというものがあります。

 

 

どんなイメージ?

例えばショットを打つときに、ボールが点なのに対して、
ラケットを振る動作は線になりますよね。

 

テニス ボール

また、コート上で自分と相手を点とするならば、
打ち合うボールの動きが線になります。

 

さらに細かいところでは、手首を点と考えれば、
手首を回転させた時のラケットの面の動きは線になります。

 

このように、いかなる場合でも点と線を意識して練習すれば、
よりイメージが掴みやすくなり、実践しやすくなるんです。

 

ボールをしっかり見ることと、
常に点と線を意識して練習することを続ければ、
きっとあなたは上達するはずです。

 

また、練習についてですが、
個人差はあるもののやはり毎日なにかしらの練習をするように
心がけてください。

 

 

毎日、反復練習!

例えば、毎日五分間でもラケットを持つだけで、
ラケットの持ち方や重さになれることが出来ます。

 

例えボールを打たなくても、
繰り返し素振りをすることで、
スイングの動きを体に覚えさせることができるでしょう。
手首も柔らかくなり、怪我の防止にだってなります。

 

テニス ボール

 

また、軽いジョギングやストレッチも、
体力作りと筋力アップに繋がります。
テニスは比較的長時間ラケットを持ってボールを打ちながら、
コート上を走り回るスポーツなので、特に体力は大切です。

 

そこまで本気ではない、という人でも、
ストレッチで手首や足首を柔らかくしているだけで
怪我になる可能性はずっと低くなるんです。

 

毎日の反復練習は、怪我の予防や上達を含めた、
テニスにとって最良の練習といえるかもしれません。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。