スポンサードリンク

シングルスの試合

テニス コート

 

テニスにおいてプレイヤー数が二人の試合をシングルスと呼びます。
では、シングルスについての基礎的な知識を紹介していきましょう。

 

 

テニスコートの基礎知識

まずコートについてですが、シングルスで使用されるコートは、
ルールで定められており、
広さが縦(サイドライン)23.77m、横(ベースライン)8.23mになります。

 

またコート中央左右には1.07mのネットポストが立ち、
そこからネットがコート上を二分するかたちで張られています。
ネットの中央部は0.91mと、少し低くなっています。

 

テニス コート

 

サービスコート

ネットから両側に6.4mまでの範囲がサービスコートと呼ばれ、
サーブを打つ場合はこのサービスコート内に入れる必要があります。
サービスコートの中央はネットと垂直に交差する
センターサービスラインと呼ばれるラインで区切られます。

 

ベースライン

ネットから最も離れたラインはベースラインと呼ばれ、
サーブを打つときはこのラインよりも後ろから打つことになります。

 

ベースライン中央はセンターマークと呼ばれる印があり、
ちょうど自分のコート内の真ん中を指し示しています。
コート両端のラインはサイドラインという名前です。

 

テニス コート

 

文章で書くと少し分かりにくいかもしれませんが、
簡単に言えば漢字の「円」の一番下に一本ラインを引いたものが、
コートの半分になるとイメージしてください。
この場合、一番上のラインがネットとなり、
書き足す一本のラインがベースラインになります。

 

とは言っても、実際にコートに立てばコートの形はすぐにわかるでしょう。
シングルスは上記のようにコートを使って行われる試合です。

 

 

試合形式

次に、試合形式ですが、これは大会によって様々です。
例えば、プロの試合は5セットマッチのものもありますが、
素人がそんなに長時間試合をすることはまずありえません。
なので、ここではコートの形と名称を覚えていただければ十分です。

 

次項からは、シングルスでのプレイヤーの動きについて説明していきます。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。