スポンサードリンク

シングルスにおける戦略

テニス 試合

 

前回までの記事で、シングルスの試合概要と、
基本的なプレイヤーの動きについては分かってもらえたと思います。
続いては、シングルスにおける戦略です。

 

 

ミスをしないこと

そもそもテニスはポイントを取らないと相手に勝つことはできません。
ポイントを取るコツとは、ミスの少ないテニスをする、ことです。

 

自分がミスをしなければ、いずれ相手はミスをします。
もちろん、自分から相手がミスを犯すように誘導するのも戦略の一つです。
理論的には簡単ですが、実際は非常に難しいことも確かです。

 

 

相手のミスを誘う戦略

ここからは、相手のミスを誘い出す戦略について説明していきましょう。

 

自分のペースを保つ

まずは自分のペースで試合を進めることを心掛けてください。
いつも行っている練習どおりの動きはそれほど難しくないはずです。

テニス シングルス

 

でも、いざ試合となると
力が入ってしまうプレイヤーは大勢います。
焦る気持ちは自分のミスに繋がってしまいます。

 

特に自分がポイントやゲームで負けている時ほど、
平常心を保って普段どおりにプレーすることが逆転、
そして勝利に繋がるということを覚えておいてください。

 

緩急をつける

また、試合運びに緩急をつけるというのも有効な戦略の一つです。

 

これはどういうことかというと、
いつも同じ強さのサーブ、ストロークを繰り返していては、
いずれ試合の相手はあなたのボールスピードに慣れてしまいますよね。
それを防ぐために、あえてショットの強弱を意識してプレーをするのです。

 

例えば、サーブではフラットとスピンを併用し、
ストロークではわざと八割程度の力で打ち、
ここぞという時に全力のショットを決めるということです。

 

 

上級者になると、さらに細かな駆け引きをするプレイヤーもいますが、
初級者のうちは上記の二点だけマスター出来れば、
他のプレイヤーに差をつけられることは間違いありません。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。