スポンサードリンク

ダブルスの動き方

テニス ダブルス

 

ダブルスでは基本的に、二人のプレイヤーは前衛と後衛に分かれます。
前衛とは、サービスライン付近でボレーやスマッシュを担当するプレイヤーで、
後衛はベースライン沿いでストロークを担当するプレイヤーのことです。

 

 

プレイヤーの交代

また、ダブルスにおいてサーブは二人のプレイヤーが交代して打つことになります。
このため、プレイヤーの二人はコートの右側と左側に別れて試合を行います。

 

右側のプレイヤーがサーブを打つ場合は左手のプレイヤーが前衛になり、
左側のプレイヤーがサーブを打つ時は右側のプレイヤーが前衛になる、
といった具合です。

 

前衛 後衛(サーブを打つ側)
右側プレイヤー 左側プレイヤー
左側プレイヤー 右側プレイヤー

 

サーブを打ったプレイヤーはそのまま後衛としてプレイすることになります。

 

 

動き方と戦略

ストロークについてもシングルスとは全く違った動きが要求されます。
というのも、後衛からしてみればシングルスの時とは違って、
相手コートのネットのすぐ傍に相手コートのプレイヤーがいるからです。

 

真っ直ぐボールを返球しただけでは、ボレーの餌食になってしまいます。
このため、ダブルスでは基本的にボールのラリーはコートの対角線上で行われます。

 

後衛同士のラリー合戦に、隙を見つけた前衛がボレーでポイントを狙いにいきます。
このあたりに戦略や作戦が生まれてくるわけですね。

 

テニス ダブルス

 

また、フォアハンドとバックハンドのどちらが得意かで、
コートの左右どちらでプレイするかというようなことも変わってきます。

 

 

最初のうちは動き方などが難しいかもしれませんが、
ぜひ、テニスを始めるならダブルスもプレイすることをお勧めします。
きっとテニスの楽しみが増えると思いますよ。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。