スポンサードリンク

シングルスとダブルスの違い

テニスには、三種類のゲームがあります。

 

 

3つの組み合わせで分かれる

テニス

シングルス 「1人対1人」の試合
ダブルス 同性の「2人対2人」の試合
混合ダブルス 男女ペアの「2人対2人」の試合

※「混合ダブルス」は「ミックスダブルス」とも言います。

 

 

まず、同性の一人対一人で行われる「シングルス」。

 

次に、同性の二人対二人で行われる「ダブルス」。
これは、分かりやすく表せば(男・男)対(男・男)や
(女・女)対(女・女)ということになります。

 

最後が男女ペアで行われる「ミックスダブルス」。
これは上の表現で書くと(男・女)対(男・女)となります。

 

 

ここまで読んであれっ?と思った人もいると思います。
そうです。テニスではルール上、男性と女性の試合は認められていません。
でも、これは他のスポーツを見てもらえればすぐに分かると思います。

 

例えば、サッカーでも男性チームと女性チームが
公式に試合をするなんていうことはまずありえませんよね。
テニスもこれと同じで、公式の試合で男性と女性が勝負をすることはありません。

 

もちろん、練習などで男性と女性が同じコートに入るのは大丈夫ですし、
練習で異性とラリーをしていたら怒られる、
なんてことはないので心配しないでくださいね。

 

 

コートの違い

さて、ゲームの話に戻りますが、三種類と言っても実際には
一対一の「シングルス」と二対二の「ダブルス」に分けられることが
分かってもらえたと思います。

 

 

そして、この2つでは、コートの有効エリアが違ってきます。
使うコート自体は同じ大きさなのですが、
「シングルス」は1人で戦う分、「ダブルス」よりも有効エリア」が狭くなっています。

 

両端のサイドラインがシングルスの方が狭くなっていて、
ダブルスはコート全面が有効エリアになっています。

 

テニス

※両サイドの「アレイ」というエリアが無効なのが「シングルス」、有効なのが「ダブルス」

 

 

「シングルス」と「ダブルス」はコート上にいるプレイヤーの人数と、
使うコートの広さが一番の違いです。
一人でコートを使うより、二人でコートを使った方が広くなる、
という風に簡単に覚えておいてくださいね。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。