スポンサードリンク

サーブの打ち方

テニス サーブ

 

さて、テニスではゲームを始めるにあたり、
プレイヤーがサーブを打つ側(サーバー)と
サーブを受ける側(レシーバー)に別れることになります。

 

サーブとは、「最初に相手コートにボールを入れること」、と覚えましょう。

 

 

サーブのルール

ルール1

最初に得点の仕方で説明したとおり、
どちらかのプレイヤーが4ポイント先取(1ゲームが終わるまで)
するまで、サーバーとレシーバーは交代しません。

 

ルール2

テニス サーブ

サーブは、ルールによって「手でボールを空中に投げ、
ボールが着地するまでにラケットで打つ」
と決められています。

 

ルール3

また、サーブは自分のコートのライン際から、
対角線上に位置する相手コートの、
「サービスコート」と呼ばれる
範囲内に打たないといけない、
というルール
があります。

 

自分のコートと相手のコートをちょうど英字の「X」を結ぶようにして打つ
とイメージしてもらえれば分かりやすいでしょう。

 

 

以上の3つのルールが満たせなければ、あなたはサーブに失敗したことになります。
これはテニスで「フォールト(失敗)」と呼ばれます。

 

 

サーブに失敗したら?

フォルトとダブルフォルト

テニス サーブ

ここで注意してもらいたいのが、「フォールト」一回では
ポイントは失わないという点です。
自分がサーバーの場合、「フォールト」を二回続けた時にのみ
あなたは1ポイントを失うことになります。

 

つまり、サーブは一回目を失敗しても、
もう一度打ち直すことが出来るということになります。

 

サーブを二回失敗することで相手にポイントが加算されることを
テニスでは「ダブルフォールト」と言います。

 

レット

また、極めて稀な例ですが、
自分の打ったサーブが、コートを隔てるネットに当たってから
相手のサービスコートに入った場合は「レット」と呼ばれる扱いになり、
この場合はノーカウントでもう一度やり直すことができます。

 

たとえ、ネットに当たって相手コートにボールが入っても、
それがサービスコートでなかった場合は普通に「フォールト」になるので
勘違いしないようにしましょう。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。