スポンサードリンク

ブレイクとキープって何?

ここでは「ブレイク」と「キープ」という用語について説明していきたいと思います。

 

 

「ブレイク」「キープ」は「サーブ」と関連

テニス

 

今まで説明してきた通り、テニスでは1ゲーム毎にサーブを打つプレイヤーと
レシーブをするプレイヤーが交代しながらゲームを進めていきます。

 

「キープ」とは?

「自分がサーブを打つゲームに勝つ」ことを『キープ』と言います。

 

テニスにおいてはサーブを打つ側の方が有利です。
つまりサーブを打つゲームでは、勝つ確率が高いということで、
「キープ」という用語を使います。
英語「キープ」の意味が「保守する」ということから、
この単語が使われるわけですね。

 

「ブレイク」とは?

一方、『ブレイク』とはその逆で、
「自分がレシーブをするゲームに勝つ」ということになります。

 

つまり、サーブを打つのが相手で自分には不利だったゲームを獲得すると
「ブレイク」した、となるわけです。

 

 

「ブレイクポイント」とは?

よくテニスのテレビ中継で「ブレイクポイント」という用語を聞くと思います。

 

このブレイクポイントとは、
あと1ポイントでそのゲームをブレイクできる状態のことを指します。

 

つまり、「0-40」や「アドバンテージ・レシーバー」など、
あと1ポイントでレシーブ側が、そのゲームを取れるときのことですね。

 

 

ちなみに、「0-40」「15-40」は、相手にポイントを取られても、
「15-40」「30-40」になるだけで、まだブレイクポイントの状態が続きます。

 

それぞれ3回分、2回分と余裕があるので、
「トリプルブレイクポイント」「ダブルブレイクポイント」と言ったりもします。

 

ブレイクポイントになるケース
0-40(トリプルブレイクポイント)
15-40(ダブルブレイクポイント)
30-40
40-A

 

 

実際の試合では

ちなみに、「ゲーム」で解説したとおり、
1セットを取るためには、先に6ゲームを先取する必要があります。

 

このため、基本的に一度はどちらかのプレイヤーが「ブレイク」をすることになります。

 

テレビなどで「第3ゲームをブレイク」などといった解説があった場合、
第1、 第2ゲームは両プレイヤーがキープに成功したものの、
第3ゲームでレシーブ側がサーブ側のプレイヤーに勝ったため優勢になった。
と解釈できるわけですね。

 

 

でも、実力が伯仲したプレイヤー同士の場合、
お互いが「キープ」ばかりになってしまい試合が終わらない場合も結構あります。

 

そして、「キープ」ばかりで「6-6」の同点になると、
「タイブレーク」に入ります。

 

 

次は、この「タイブレーク」について解説していきたいと思います。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。