スポンサードリンク

「ポイント」とは?

「ポイント」は得点の最小単位で、1つのプレーで入る得点です。

 

4ポイント先取すると、1ゲーム獲得できます。
(後述しますが、「デュース」になると、4ポイント先取だけでなく、
相手に2ポイント差をつけなければ、ゲームを取れません)

 

ポイント、ゲーム、セットなど、テニスの得点の関係性、仕組みの説明はこちら

 

 

 

ポイントを取るには?

最初に言った「1つのプレー」とは、
お互いにボールを打ち合って、
どちらかが相手コートにボールを返せなくなるまでの流れ
のことです。

 

相手コートにボールを返せないというのは
相手コートの範囲内に自分の打ったボールが入らないということで、
相手にポイントが入ることになります。

 

もちろん、ダブルフォルト(サーブが2回とも入らない)など、
他にポイントになるパターンもありますが、
基本的には相手コートに返せないとポイントになります。

 

ポイントになる例

テニス

  • 打ったボールが相手のコートの外に行ってしまった場合
  • 相手のボールを打ち返せず、空振りした場合
  • サービスを2回とも失敗した場合(ダブルフォルト)
  • プレー中、ネットに触れてしまった場合(タッチネット)

など。

 

 

ポイントのコール(言い方)

ちなみにテニスでは、素直に1ポイント、2ポイントと表記したり、
カウントしたりしません。

 

下記のようになります。

実際のポイント スコア上の表示 コール(言い方)
0 0 ラブ
1 15 フィフティーン
2 30 サーティ
3 40 フォーティ
4 G ゲーム

 

4つ目のポイントを先取すると、1ゲーム獲得で、
次のゲームはまた0から始まります。

 

実際の使用例

ポイントはサーバー側を最初に、レシーバー側は2番目に言います。

スコア コール(言い方) 実際の得点
15-0 フィフティーン・ラブ

サーバー側:1ポイント
レシーブ側:0ポイント

30-0 サーティ・ラブ

サーバー側:2ポイント
レシーブ側:0ポイント

40-0 フォーティ・ラブ

サーバー側:3ポイント
レシーブ側:0ポイント

0-15 ラブ・フィフティーン

サーバー側:0ポイント
レシーブ側:1ポイント

15-15 フィフティーン・オール

サーバー側:1ポイント
レシーブ側:1ポイント

30-15 サーティ・フィフティーン

サーバー側:2ポイント
レシーブ側:1ポイント

40-15 フォーティ・フィフティーン

サーバー側:3ポイント
レシーブ側:1ポイント

0-30 ラブ・サーティ

サーバー側:0ポイント
レシーブ側:2ポイント

15-30 フィフティーン・サーティ

サーバー側:1ポイント
レシーブ側:2ポイント

30-30 サーティ・オール

サーバー側:2ポイント
レシーブ側:2ポイント

40-30 フォーティ・サーティ

サーバー側:3ポイント
レシーブ側:2ポイント

0-40 ラブ・フォーティ

サーバー側:0ポイント
レシーブ側:3ポイント

15-40 フィフティーン・フォーティ

サーバー側:1ポイント
レシーブ側:3ポイント

30-40 サーティ・フォーティ

サーバー側:2ポイント
レシーブ側:3ポイント

40-40 デュース

サーバー側:3ポイント
レシーブ側:3ポイント

40-A アドバンテージ・レシーバー

デュース以降で、レシーブ側が1ポイントリード
※次のポイントをレシーブ側が取れば、1ゲーム終了

A-40 アドバンテージ・サーバー

デュース以降で、サーバー側が1ポイントリード
※次のポイントをサーバー側が取れば、1ゲーム終了

 

 

デュース

「ポイント」を先に4つ取ると、「1ゲーム」をとったりことになります。

 

ただし、「40-40」(3ポイントずつ同点)の場合は、
4つ目のポイントを取っても、ゲームは終りません。

 

「40-40」は「デュース」という状態で、
この場合は、2ポイント差をつけなければ、ゲームが取れません。

 

 

ちなみにデュースから1ポイント取った状態を次のようにいいます。

アドバンテージ・レシーバー レシーブ側が1ポイント取って、リードしているとき
アドバンテージ・サーバー サーバー側が1ポイント取って、リードしているとき

 

「アドバンテージ・レシーバー」のときに、サーバー側にポイントが入ると、
また同点で「デュース」となります。
(「アドバンテージ・サーバー」のときに、レシーブ側にポイントが入っても、
同じく「デュース」です)

 

 

つまり、デュースから、交互にポイントを取り続けると、
2ポイント差がつきませんから、いつまで経っても決着がつかないわけです。

 

 

ちなみにあと1ポイントでそのゲームを取れることを「ゲームポイント」と言います。
(「40-0」「40-30」「アドバンテージ・サーバー」のときなどですね)

 

 

少しわかりにくい「ポイント」を改めて説明

ポイントはセットやゲームなどと比べ、言い方も違い、わかりにくいですし、
一番基礎的な部分なので、念のため、もう一度説明しますね。

 

 

テニスでは、ボールの打ち合い(テニス用語では「ラリー」と言います)が
どちらかのミスによって終わると、
ミスをしていない方のプレイヤーは1ポイントを得られるということになります。

 

テニスでは、ひとつのゲームは開始時に
お互い0ポイント同士でスタートし、
4ポイントを先取したプレイヤーがそのゲームの勝者となります。
ポイントの数え方は次のようにルールで決められています。

 

0ポイント目はラブ、1ポイント目はフィフティーン、
2ポイント目がサーティ、3ポイント目がフォーティ、
4ポイント目でゲームとなります。
それぞれ数字で表すと、0、15、30、40、ゲームです。

 

いきなり英語ばっかりで覚えにくい、と思ったあなた、
大丈夫、簡単なポイントの覚え方をお教えします。
時計をイメージしてください。
12時を0とすれば、そこから15分毎がテニスでのポイントになります。

 

0、15、30、45、そしてまた0に戻ってゲームです。
そして注意なのが45だけがテニスで40(フォーティ)となります。
ここさえ覚えておけば、試合中にポイントの数え方を忘れてしまっても、
時計を見れば安心ですよ。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。