スポンサードリンク

自分の弱点をカバーしよう

テニス 弱点

 

人間は誰にでも得手不得手があります。
それはテニスをする時でも同様でどれだけ練習を重ねても、
どうしても苦手意識の拭えないプレーやショットができてしまうかもしれません。

 

 

弱点克服で全力を出せる

例えば、ボレーが苦手ならストローク重視の試合運びをすることで、
極力試合中のボレー回数を少なくすることも出来るでしょう。
また、バックハンドが苦手なら、フットワークにものを言わせて
常にフォアハンドで返球を行うという方法だってあります。

 

けれど、みなさんがこれからテニスを始めるにあたっては、
苦手なプレーやショットは避けるのではなく、
あえて勇気を出して挑戦してもらいたいと私は思っています。

 

テニス ポジション

 

なぜなら、苦手意思があると、どうしてもプレーが単調になりがちですし、
相手にも簡単に弱点を見破られてしまうことが多くなり、
弱点ばかりを狙われるようになります。

 

その結果試合で力を出せずにストレスが溜まってしまうという状況に
陥りやすくなってしまうからです。
それではテニスを楽しむことは出来ませんよね。

 

 

克服のポイント

なので、みなさんには自分の弱点は弱点として認めたうえで、
反復練習を重ねることで苦手意識を克服してもらいたいんです。

 

同じ弱点でも、苦手意識の強い弱点と、
そうでない弱点とでは雲泥の差があります。

 

弱点のカバーとは、弱点を隠すのではなく、
さらけだすことで苦手意識をなくすことだと覚えておいてください。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。