スポンサードリンク

一人練習〜サーブ編

テニス サーブ

 

次はサーブの打ち方のコツです。
先に述べたとおり、サーブには以下の三種類があります。

 

  • フラット
  • スピン
  • スライス

 

 

練習のポイント

 

グリップの握り方

サーブを打ち時のグリップの握り方は、
基本的にボレーの練習で説明したとおりの
地面と垂直にしたラケットを握手するように握る持ち方です。

 

ラケットの振り方

テニス サーブ

ラケットの振り方についてですが、
サーブはテニスで唯一相手とは全く関係の無い動作です。
つまり、自分の好きなように打てることが特徴なんです。

 

なので、サーブについては自分の癖がついても構わないのです。
自分にとって最も打ちやすいと思う振り方で練習すればOKです。

 

上達の一番の近道は素振りを繰り返すことでしょう。
ラケットを方に担ぐように構えてから、
前方に振りぬく動作を反復練習してみてください。

 

練習場所

また、練習場所はやはりコート上が最適ですが、
壁に向かって練習するときなどは、
ネットの高さを意識して打ってみましょう。

 

 

打ち分けのコツ

さて、上記の三種類のサーブを打ち分けるのにはコツがあるので、
簡単にですがそれぞれ説明していきたいと思います。

 

フラットサーブ

まずはフラットサーブですが、
これはトスしたボールに対してラケットの面が
真っ直ぐに当たるように意識して振って見ましょう。
手首を利き腕の親指が前に出るように回転させると上手く打てます。

 

スピンサーブ

次にスピンサーブですが、
大きく後ろに振りかぶったラケットを振ったときに、
一番上まで上がる途中の状態でボールに当てることで回転を与えます。

 

少し分かりにくいかもしれませんが、
ラケットが下から上へ移動する途中にボールを合わせて、
そのまま振りぬくことで縦方向の回転を掛けるということです。

 

スライスサーブ

最後はスライスサーブです。
これは基本的にフラットサーブの打ち方に準拠します。

 

つまり、フラットサーブとスライスサーブの違いは
フラットではボールの真後ろからラケットを当てるのに比べて、
スライスでは少し横にスライドさせることで横回転にするという点です。

 

テニス サーブ

 

実際には、フラットサーブも全く回転させずに打つことはできないので、
より回転の少ないスライスサーブと言っても過言ではないかもしれません。

 

 

以上がサーブ練習方法とそのコツになります。
サーブの打ち分けは、試合などにおいても非常に有効です。
是非三種類のサーブをマスターできるように頑張りましょう。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。