スポンサードリンク

二人練習〜ストローク編

テニス ストローク

 

二人以上での練習は基本的にコート上で行うことを前提としています。
テニススクールに通ったり、
市営のコートをレンタルしたりすることで、
コートでの練習が可能になります。

 

 

練習のコツ

ここでは、コート上でストロークを練習する場合のコツを紹介します。

 

ラリーの反復

まずは、お互いにコートのサービスラインの中央に立ちます。
その状態でラリーを続けて見ましょう。
同じ方向から来るボールを同じ方向に返すことで、
距離感と打球感を掴みましょう。

 

テニス ストローク

 

最初のうちはボールがあらぬ方向に飛んでしまうこともあります。
でも、誰だって最初はそうなんです。
きちんと反復練習を繰り返すことで、
必ず上達するので安心してください。

 

ボールの当て方

この時に意識するのは、ラケットをボールに当てる瞬間です。
理想としては、打点は自分の体より前になるようにします。

 

ストロークではラケットを後ろに引いてから打つため、
どうしても振り遅れがちになってしまいますが、
少し早いかな、くらいのタイミングで
前に向かって振ればちょうどいいと思います。

 

また、後ろに大きく引きすぎるのもいけません。
どちらかといえば、小さく引いて上半身の回転で打つ感じです。

 

 

怪我を防ごう

ストロークを腕の振りや手首の回転だけで打とうとすると、
必ずと言っていいほど怪我や故障に繋がってしまいます。
せっかくテニスを始めたのに、いきなり怪我をしては大変です。
全身を捻って打つということを心がけましょう。

 

それでも、どうしても打ったときに手首や肘が痛くなるようであれば、
持ち方を痛くないように調整するのも一つの方法です。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。