スポンサードリンク

試合中の注意点

テニス 試合

 

実際にみなさんが大会に出場したり、スクールで試合を行ったりする時に、
注意してもらいたいマナーについて簡単に説明しておきたいと思います。

 

 

挨拶が基本

まず試合開始にあたり、相手プレイヤーに「お願いします」と挨拶をしましょう。
これはルールで定められていることではありませんが、
プレイヤー同士が気持ちよく試合をするためのマナーですね。

 

そして、試合終了時には「ありがとうございました」と声を掛け、
ネットを挟んで握手してください。
審判がいる試合では、審判の人にも挨拶をしましょう。

 

これらの挨拶はシングルスでもダブルスでも行います。
また、ダブルスの場合はパートナーに対しても挨拶と握手は忘れずにしてください。
スクールなどでの練習時にも、相手に挨拶をするのは大切です。

 

 

コートでのマナー

また、大会やテニススクールで練習中や試合中に、
隣のコートの後ろを横切る機会もあります。

 

この時は必ずゲームの間やポイントの間に横切るようにしましょう。
また、自分が練習や試合を行っているコートを横切る人がいる場合は、
ポイントの間に通してあげられるように心掛けましょう。

 

テニス 試合

 

また、練習相手や試合相手にボールを渡すときは、
近くなら手渡しで、遠くならちょうどワンバウンドで届くように打ちましょう。
くれぐれも力強く打たないようにしてください。
これは相手に対してとても失礼な行為になってしまいます。

 

どんなに白熱した試合でも、決して相手を思いやる気持ちを忘れないこと。
これが楽しくテニスをするコツです。
あなたにとっても、相手にとっても、気持ちの良いテニスを目指してください。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。