スポンサードリンク

一人練習〜ボレー編

テニス ボレー

 

次は一人で出来るボレーの練習のコツです。

 

 

グリップの握り方

ボレーの場合はストロークとは少しグリップの握り方が違います。

 

まずラケットの面が地面に対し垂直になるように持ちます。

 

次にグリップと握手をするようなイメージで握ってください。

 

この持ち方はボールに力を伝えやすく、
サービスを行う時にも多用される持ち方です。
ポイントとしては、人差し指と中指を少し離すと持ちやすいと思います。

 

 

ボールの捉え方

テニス ボレー

さて、ボレーもストロークと同じく、
面の中心でボールを捉えるという点は重要です。

 

一番の違いはラケットを振って当てるのではなく、
ボールが来るところにあなたが前もって移動して、
ボールの軌道にラケットを差し出すようにして当てるということです。
サッカーで言えばリフティングに近い感覚です。

 

上に述べた方法でラケットを持ち、
ラケットとボールでリフティングのように何度も
ボールを跳ねさせて感覚を掴みましょう。

 

 

壁打ち練習

また、壁に向かって打つことも効果的です。
ラケットの面越しにボールを見るようにすると上手くできるでしょう。
また、ボレーはしっかりと自分の体より前で打つことが大切です。

 

跳ね返ってきたボールの高さにあわせて
膝や腰を使ってラケットを当てることを心がけてみてください。
ボールはラケットの面で「押し出す」というイメージです。

 

テニス ボレー

 

さらに言えば、最終的には自分も壁になったように
来たボールを跳ね返せる、というのが理想です。

 

自分の体より半歩ほど前に壁をイメージして、
常にラケットその壁に沿わすようにして当てる練習をすると
自然に上達できるでしょう。


 

 

テニス上達マニュアル人気ランキング

テニス

神谷流テニス最速上達法

神谷流テニス最速上達法の特徴

杉山愛、増田健太郎などトッププレイヤーをはじめ、延べ30万人以上の指導実績を持つ神谷勝則氏が、秘伝のトレーニング術をDVDでわかりやすく紹介。 完全未経験の主婦2名による30分間完全ドキュメント映像付き。「テニス未経験の私がわずか30分でラリーが50回できるなんて・・」

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】

小浦武志の“プロフェッショナルテニス理論” 【KU0001】の特徴

小浦武志氏が教える究極のテニス理論。クルム伊達公子、浅越しのぶなど、数多くの一流選手を生み出した驚きの理論が大公開!

テニス

テニス・ダブルス上達革命〜ダブルス特化の練習法・指導法〜【全日本テニス選手権 ダブルス優勝 佐藤博康 監修】DVD2枚組の特徴

ダブルスに特化した専門メソッド。ダブルスのエキスパートが、DVDでわかりやすく指導。